<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋色

ただシャッターをきるだけで、秋が写る。今日なんかとても暑くて、ちょっとクーラーをかけたのに、でも3時を過ぎると、何かが今までとは全然違ってくる。
d0027320_2127113.jpg

d0027320_2127178.jpg

d0027320_2127364.jpg

d0027320_212757100.jpg

d0027320_21281144.jpg

[PR]
by pink_b247 | 2013-09-29 21:40 | 日常 | Trackback | Comments(2)

ヒロシマ

d0027320_19452986.jpg
初めてiPhoneのパノラマ撮影を使ってみたのは、広島の平和記念式典。
相方さんのたっての希望で訪れることになりました。自分が行く事を今まで考えた事はなく、いつもこの原爆記念日は、テレビで見るものだと思っていたのですが。
広島はとてもとても暑い時期で、原爆の落とされた朝もそうだったというのは良く聞いていたことで。
下調べしたところ、朝7時くらいまでには現地に着いていないと、屋根のある座席には座れそうもないとの事で・・・頑張りました;;
おかげでちゃんとテントの屋根の中を確保。通路ではミストが時折撒かれ、熱射病対策は思った以上に徹底されていてホッ。
一番辛そうだったのは、屋根のないVIP席あたり。今年はそこにオリバー・ストーン監督も座っていたはず。みなさん、黒づくめの礼服ですし!
地元の生の空気を感じられたのは何だかとても良かった。言葉を選びつつ、きっちり核と戦争にNOを告げた広島市長の拍手喝采のスピーチに比べ、総理と知事への拍手は正直・・・微妙。
あの場で生で聞いていても、何というか心を全く打たない、心こもってないわねーというものだったもの。
小学生の頃、通っていた歯医者さんにはだしのゲンが一式揃えられていて、私はそこで読む事が出来たんだけど、本当にあの頃、心の柔らかい時期に読んで良かったなーと思っています。
こちらは少し前に話題になった「9歳のアメリカ人少女がはじめて『はだしのゲン』を読んだとき」。
http://lafs.hatenablog.com/entry/2013/08/18/005556
私が読んだのも、彼女と同じくらいの年なので、この気持ちがもう手に取るように分かるのね。
[PR]
by pink_b247 | 2013-09-22 20:12 | TRAVEL | Trackback | Comments(2)

月面讃歌

子供の頃、月をメダイヨンと例えた本を読んで、メダイヨンが何か分からないながらも、言葉の響きだけで何となくうっとりしていたっけな。
d0027320_2111526.jpg
風邪っぴきなので、月見酒は控えよう。
[PR]
by pink_b247 | 2013-09-19 21:45 | 日常 | Trackback | Comments(2)

厳島神社

牡蠣棚を横目にフェリーに乗って
d0027320_212282.jpg
やってきました、厳島神社。
d0027320_2121982.jpg

d0027320_215166.jpg
残念ながら干潮だったため、想像していたそれとはかなり違う趣き!
d0027320_21717100.jpg

d0027320_2112882.jpg

[PR]
by pink_b247 | 2013-09-07 21:16 | TRAVEL | Trackback | Comments(4)

自動車博物館

私は自動車に全く興味がなくて、自分の親が乗っている車すら覚えていない。
特に最近の車はみーんな似たようなつんのめった感じの流線型で・・・掃除機のように見えてしまうの・・・(失礼)
それでも古い車を見るのだけはわりと好きで、やっぱりそれは形が美しいからなのよねえ。あとそれぞれ個性的。
同じく車にそんなに興味がないと言っていたHちゃんが、以前行って、それでも感動した~とおすすめしていた自動車博物館に少し前に行きました。
相方さんいわく「有名な高い車だけじゃなくて、庶民が乗っていたような車まで揃えているところがいい!」と。
d0027320_20564046.jpg
笑ってる。かわゆい。
d0027320_20591491.jpg
古い映画で見るような救急車!
d0027320_2111782.jpg
ベルイマンの「野いちご」で主人公が乗っていた車が説明付きで!
ベルイマンに特別な思い入れがある相方さんお喜び。^^ 美しい色合いだなあ・・・。
d0027320_2144998.jpg
相方さんのと同じ車種。この子の形もいい!
[PR]
by pink_b247 | 2013-09-05 21:21 | TRAVEL | Trackback | Comments(4)

vivid memories


by Kaori