February6

d0027320_22253169.jpg
ヴィジュアル・アーティストとミュージシャンのコラボレイト作品をいくつか上映する催しがあって、21世紀美術館のレクチャーホールへ。

新進気鋭、今が旬!みたいな人達ばっかりだったので、全部それなりに面白かったんだけど、特に素敵だったのは高木正勝さんの作品!
この人の音楽と映像は何かを思い出しそうになる。
なんだろう、うーん、なんか懐かしいような…何か…
シナプスが切れても困るので、終わった後タワーレコードへ直行。その何かを思い出すためCD買っちゃいました。
さっきからPCで映像再生してたんだけど、ああ、もっと大きい画面で見たい!音楽を全身で浴びたいなー…
デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアー参加・UAのPV製作、アニエスベーとのコラボレーションによる作品制作、東京都現代美術館でのビデオ・インスタレーション…なんていう経歴見てたら、信じられない1979年生まれでした。すげー…

友達誘えばよかった。その子の誕生日プレゼントの買出しも兼ねていたから、ひとりで行ったんだけど、きっと好きだな。
帰りはひとりデザート。赤いベリーのタルト。
いい日をもっと楽しくするための、デザートは欠かせないですわね~

ちなみにタイトルのFebruary6はこの日上映されていた、堀切潤さんの作品。今日のために作ったのかしら?!
d0027320_22255496.jpg

[PR]
# by pink_b247 | 2005-02-06 22:23 | MUSIC | Trackback | Comments(0)

帰り道

ライトアップが始まったので、今日は兼六園を通って帰った。
入り口で「もののけ提灯」(@今市子・百鬼夜行抄)みたいなのを手渡され、前をゆらゆらといく提灯の群れを追いながら、霞ヶ池の方へ。

全体的に控えめなライトアップで、なかなか素敵。
遠くから響いてくる二胡の音。
ちょっと頭がぼんやりしてくるような。。。


寒かったけど行って良かったな~。
d0027320_23554754.jpg
d0027320_2356810.jpg

[PR]
# by pink_b247 | 2005-02-04 23:51 | 日常 | Trackback | Comments(0)
d0027320_23434647.jpgお昼を食べに入った某ハンバーガー屋さんで、今日観に行くthe pillowsのギター真鍋氏を発見してしまいました。
帽子を目深にかぶり、熱心に本を読む真鍋氏。LIVE中に、昨日金沢着いてから文庫本2500円分買ったとか言ってたから、多分それかな?
あんまり話しかけないでオーラが出ていたような気がして、ちょっぴり観察だけさせていただいて(やなファン・笑)、その場を後にしました。
でもやっぱ...思い切ってご挨拶くらいすべきだったな~。くすん。

Liveは半袖若者率異常に高く、中に入った途端、むあーっと人いきれ!暑い!熱い!
そして曲の間中、ジャンプ&ジャンプ&ジャンプ…元気だよなー、みんな…
お客さんの平均年齢って、メンバーの平均年齢の半分くらいなんじゃないかしら?そんくらい若い子が多いのだわ。そら飛ぶわ。
アンプに乗っかってはジャンプを繰り返し、あおりまくるさわお氏にのせられて、相変わらずの楽しいライブでした!
繊細ですねた子供のような歌詞と、パワフルなライブのギャップが大好きだよん。
ツアーグッズのバスター君ストラップゲット(^^)
なんかこう、すっきりした気分で家路につきました。
[PR]
# by pink_b247 | 2005-01-29 23:42 | MUSIC | Trackback | Comments(0)

EXTREME!

d0027320_2326426.jpg

EXTREMEの再結成ライブを見るため、16・17日と大阪へ!
思えば当時は(今もか)HR/HMはカッコイイ音楽とはみなして貰えず、カート・コバーンには因縁つけられ…
でも大好きだったのさ!ふん!
しかしその後、私もNUNOお薦めのRadioheadへと心を移してしまったんだったなー。

しかし素晴らしいライブでした…。
久々に生で聴くNUNOのギターに圧倒され続けてしまった。
ネックの上を縦横無尽に動く彼の指を、口をあんぐりさせながら見つめました。
カート・コバーンは正座して彼の演奏を見るべきだな。(ホントに見てたらコワイが。南無)
MidnightExpress⇒More than wordsという黄金の曲のバトン渡しに全身総毛立ち。
特にMore than wordsでは流れてくる涙を抑えることが出来なくて。
すごい、こんないい曲だったんだ・・・。
みんなの「本当に見たかった!」という熱さが全体から伝わってきて、なんて幸せなライブを見る事が出来たんだろうと、しみじみ思いましたね。

そして幸せなライブの後、食事してホテルへ戻る。
入ろうとした入り口が閉まってて、ぐるぐる廻って別の入り口からエレベーター前へ。
エレベーターに乗り込んで、その扉が閉まろうとする瞬間、30cmほどの隙間から見えた、前を横切るひょろ長い外人…
うぎゃあーっ!ゲイリー?!
イチロー並みの反射神経で開ボタンを押し、飛び出ると・・・やっぱりさっきまでもじもじくんみたいな衣装でシャウトしてたゲイリーだよ!
相方は手帳にサインを貰い、私は携帯でツーショット写真。
びっくりした・・・
ゲイリーが立ち去った後、きょろきょろNUNOを捜すが見当たらず。残念!
しかし、会社に社員割引のお知らせが来ていたゆえ選んだここが、彼らと同じホテルだったとは!
それも扉が閉まる寸前のエレベーター。
もし入り口が閉まってなくて、すんなりエレベーターにたどり着いていたら・・・本当にあと3秒早く着いていたら会えなかったんだよね。
相方とふたり、神様仏様に感謝して眠りにつきました。うるるん。

朝、窓からは大きな虹がかかっているのが見える。
そして虹は一時間以上も眼前から消えなかったの。
そして今日は震災からちょうど10年、特別な意味合いも感じた私でした・・・
d0027320_23263394.jpg


翌朝のチェックアウト、若干の期待でフロントに行くと・・・
わはは、また会っちゃったよ、ゲイリー!
今度は落ち着いて握手&ちょっぴりお話。
名前も聞かれたけど、まあ5分後には忘れちゃってるでしょうね(^^;
もうこうなったらNUNOに会うまで待つ!とロビーで待機。
結局NUNOは一番最後に出てきて、クルーの人に「電車に遅れちゃうから~」と言われたこともあり、握手のみ!でも嬉しかったよおー!

私はまあ日本人としてはそんな頭大きい方じゃないのよね。
小さいと言われた事はあっても・・・
でも、でも、このゲイリーとのツーショット写真の頭の大きさの差はなんだーーーっ!(号泣)
ちょっと、脳みそ小さいんじゃないの?ゲイリー!(逆ギレ)
日記には絶対載せないぞ・・・哀しすぎる・・・
[PR]
# by pink_b247 | 2005-01-18 00:00 | MUSIC | Trackback | Comments(0)

vivid memories


by Kaori